目標がある

オール電化というのは、自宅の中の調理や湯沸し、冷暖房に使用するエネルギーを全部電気に統一しようというものです。
ですが、導入する為の設備の取り替えにはかなりのコストが発生するという問題があります。
sxhsert
それでもエネルギー効率や地球環境を保護するという部分から見れば効果的であると認識されていて、導入を進めることを目指して国や地方自治体から補助金が支給されています。
そのような目標があるため、ある程度の省エネの機能を搭載した製品が補助金の対象となる場合が殆どのようです。
具体的には、エコキュートなどの温室効果ガス(CO2)を触媒とした湯沸し機器に対しては補助金が支給される場合が多いようです。
IHクッキングヒーターでも援助されるケースもあるのですが、生憎とあまり多くはないのです。
調査してみて、IHクッキングヒーターでも大丈夫であれば運が良いという程度の捉え方のほうが良いと思います。
また、太陽光発電見積もり比較と前述の機器を一緒に取り付けていることが申込の条件となっているケースもあり、そのようなケースでは更に厳しいハードルとなることが予想されます。
オール電化を導入する際に国から支給される補助金のシステムは既に終了してしまっていますが、近年のエネルギー不足を考慮すると、すぐにでも再度開始されるような気がします。
災害発生時の復旧が早いライフラインとしても電力が関心を集めているため、これからの防災への対策という部分を考慮しても重要となります。
オール電化については、現在は地方自治体がそれぞれ実施している補助金のシステムを活用するしかないのですが、住んでいる地域の市区町村の情報だけを調査すれば良いため、容易に調査することが可能です。
全国的にはおおよそ2~5万円程度の金額を設定しているところが多いですね。

太陽光発電|失敗しないための総合サイト‐省エネドットコム
太陽光発電|失敗しないための総合サイト‐省エネドットコム

新着情報

◆2015/09/24
目標があるの情報を更新しました。
◆2015/07/29
補助金の相場の情報を更新しました。
◆2014/08/01
運営者の情報を更新しました。
◆2014/07/25
サイトマップの情報を更新しました。
◆2013/10/17
コンタクトフォームを新規投稿しました。